<code id="ckwmg"><label id="ckwmg"></label></code>
  • <nav id="ckwmg"><strong id="ckwmg"></strong></nav>
    <input id="ckwmg"><tt id="ckwmg"></tt></input>
    <acronym id="ckwmg"></acronym>
  • 新聞中心

    グローバルエンジニアリング機械産業チェーン生態圏の構築


    今日、世界的に注目されている建設機械業界の盛會である2021長沙國際建設機械展シリーズがスタートし、セットイベントの一つである2020長沙國際建設機械後市場取引大會(以下「後市場取引大會」)も同時に長沙國際會議展の中心で開幕した。
    後市場取引大會は「グローバルエンジニアリング機械産業チェーン生態圏の構築」をテーマとし、6月4日から5日までの2日間、展覧展示、産業サミット、生産?販売取引、現場競売、機主partyの5つの部分から構成され、同期に第3回アジアエンジニアリング機械中古設備取引大會、湖南省エンジニアリング機械産業チェーン発展大會、第1回中國機主節、中國工程機械リース協會連盟設立大會、第2回中國工程機械後市場千人サミット、長沙中古掘削機業界発展フォーラムなどの活動。
    國內の疫病予防?抑制が常態化した後の建設機械業界の最初の大型盛會として、後市場取引大會は4萬平方メートル近く、200臺以上の中古建設機械設備を展示し、アジア最大規模の中古設備取引展である。
    同時に、三湘都市報の記者が會見で明らかにしたところによると、2021年第2回長沙國際工程機械展は2021年5月19日-22日に長沙國際コンベンションセンターで開催され、依然として「インテリジェント化次世代工程機械」をテーマにしており、規模、規格、ラインナップ、國際的なレベルのいずれにおいても革新的である。展示面積は21.3萬平方メートルから30萬平方メートルに拡大し、出展企業は1500社を突破し、専門観客數は30萬人を突破する。
    三湘都市報より抜粋

    推薦新聞

    欧美性色欧美A在线在线播放_一级爱做片免费观看久久_久久久久亚洲Av无码专_国产精品一区二区av片